Home » SPEEDI 予測計算結果botの改修

SPEEDI 予測計算結果botの改修

PDFファイルの可読性を高めるために画像付きツイートを行うようプログラムを改修しました。
これはbot公開当初よりフォロワーさんから要望をいただいていたものです。

取り急ぎ、PDF1ページ目の「風速場(地上高)」を画像化しています。
もちろん、PDF全ページを一枚画像にすることも可能ですが、TL上で縮小表示されると予想以上に見辛くなったので見送りました。
複数枚画像のレイアウト等々、良いアイデアがあればお寄せください。検討します。

なお、ツイッター社より新プロフィール画面が公開されたことを受け、アイコンも作り変えることにしました。
現状、PDFを画像化した後、風向きと風速部分をクロップしてから、ひな形のアイコン画像に重ねているのですが、新アイコンのサイズ(400*400px)では解像度が低く粗が出てしまいます。

Stamplin社の Text extraction API を利用して、画像文字列のテキスト化を試みたのですが、漢字に弱いところがあって“風向き”文字列のOCRに失敗する…(Stamplin社にOCR機能制限を個別対応で緩和してもらったのに…)
でも、毎時アイコンを変更したところで、ツイッタークライアントがキャッシュしてしまうので、あまり意味をなしていなかったのも事実。画像付きツイートのほうで代用できると思うので、固定のアイコンとさせていただきます。
こちらもなにか良いアイデア(ヘッダー画像で活用できそうだけれどデザイン力が…)があればお寄せください。

Name of author

Name: COLTdeGO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)